縫製メーカーとしてファッション産業の一角を担う
備前商工株式会社 HOMEに戻るお問合せプライバシーポリシー
会社概要グループ企業縫製産業資材・電子部品採用情報先輩からの声







会社概要
名称 備前商工株式会社
英語表記 BIZENSHOKO CO,LTD
所在地
(本社工場)
〒701−0211
岡山県岡山市南区東畦252番地
TEL (086)281-5281(代表)
FAX (086)282-3653
E-mail bizen@po.harenet.ne.jp

代表者 代表取締役社長 榎田 誠
創立 昭和19年6月1日
設立 昭和62年7月1日
資本金 2,400万円
従業員数 63名 (平成17年11月現在)
営業内容 婦人ブラウス、カジュアルシャツ、スクールブラウス、特殊衣料、
ジーンズ等の縫製加工
取引銀行 三井住友銀行岡山支店
中国銀行妹尾支店
伊予銀行岡山支店
売上高 平成17年6月期 920,254千円
(決算期6月、年1回)
主な取引先 株式会社トンボ
日本ゴア株式会社
瀧本株式会社
株式会社チクマ
株式会社ヤギコーポレーション
その他10数社
主な仕入先 株式会社岡山三景
吉岡株式会社
株式会社ミツボシコーポレーション
烏城物産株式会社
協力会社 20数社


アクセス




会社沿革
昭和9年1月 榎田一郎が岡山市に於いて綿布類の販売を始める。
昭和15年 動力ミシンによる縫製業を開始する。
昭和19年6月 備前工業株式会社を設立、監督工場として軍用衣料の生産を行う。
昭和22年4月 備前商工株式会社と商号変更しカッターシャツの製造販売を行う。
昭和30年7月 輸出向け布帛製品の委託加工に転換アメリカ向け製品に引き続き西独向けブラウスを生産する。
昭和35年 ユニチカ株式会社、学生衣料の生産に移行する。
昭和62年7月 備前商工株式会社は社名をカクサン株式会社とし新たに営業権を継承した備前商工株式会社を設立する。
平成3年5月 旭化成CAD2ステーション導入する。
平成3年10月 新規事業としてコンピュータ関連事業を開始。クリーンルー ム192平方メートルを建設する。
平成4年1月 インドネシアより研修生6名を受け入れる。
平成7年6月 パソコン9台による社内LAN接続完成する。
平成7年6月 岡山県輸出縫製品工業協同組合の会員として中国張家港 市より研修生の受け入れを始める。
平成8年9月 裁断場にCAM1台導入する。
平成10年10月 岡山県中小企業支援センターより情報化モデル育成事業 に選任され、グループ企業のイントラネット生産管理システ ム完成。
平成12年9月 企画提案の仕組み作りを開始。
平成13年7月 クイックな生産体制を目的とし、有限会社アジル設立、同 年12月より生産を開始。
平成16年7月 グループ企業の競争力を強化するため、仕上、特殊、梱包、 配送業務に特化した有限会社リプロを設立。
平成16年12月 小ロット対応のためCAM2号機を導入。


Copyright (C) BIZENSHOKO CO, LTD All Rights Reserved.